TEL 027-393-6953

〒370-0803 群馬県高崎市大橋町29-1
ダイアパレス北高崎ステーションサイドB1-E

お問い合わせ

instagram

三角筋の解剖学② ~作用~

皆さんこんにちは!

 

前回、三角筋の解剖学①で起始停止について書いていきました。

今回は続きで三角筋の作用について書ていきます。

三角筋の作用は前部、中部、後部で変わってきます(共通の作用もある)ので、

1つずつ見ていきましょう。

 

三角筋の作用

 

前部

  • 肩関節の屈曲

上腕を前方に挙げる動き。

 

 

  • 肩関節の内旋

上腕を内側にねじる動き。

 

 

  • 肩関節の水平内転 (中部と共通の作用)

上腕を水平に前方に閉じる動き。

 

 

     

     

     

    中部

    • 肩関節の外転

    上腕を外側に開く動き。

     

    中部は、前部と後部で解説した水平内転・水平外転にも働きます。

     

    後部

    • 肩関節の伸展

    上腕を後方に引く動き。

     

     

    • 肩関節の外旋

    上腕を外側にねじる動き。

     

     

    • 肩関節の水平外転 (中部と共通の作用)

    上腕を水平に後方に引く動き。

     

     

    これらが三角筋の作用になります。

    3つの繊維が別々の動きをするので多いですね。

     

    代表種目としては、前部はフロントレイズ、

    中部はサイドレイズ、後部はリアライズなどが上げられます。

    上に押すプレスの動きも三角筋を鍛えられます。

    また、三角筋は胸の押すトレーニングや、背中の引くトレーニングで協働で働きます。

     

    少し長くなってしまったので、今回はこの辺で終わりにします。

    また次回、お楽しみに~!

     

    Stylish Aging Private Gym

    TEL / 027-393-6953

    営業時間 9:30~23:00 / 定休日 不定休

    お問い合わせ