TEL 027-393-6953

〒370-0803 群馬県高崎市大橋町29-1
ダイアパレス北高崎ステーションサイドB1-E

お問い合わせ

instagram

上腕三頭筋の解剖学② ~作用~

皆さんこんにちは!

 

前回の続き、上腕三頭筋の作用編をやっていきます。

 

前回の起始停止編の最後でも書いた通り、三頭筋「長頭」は肩と肘二つの関節をまたぎます。

なので長頭だけは二関節筋となり、肩と肘の動きに関係してきます。

 

内側頭・外側頭は単関節筋となるので、肘の動きにのみ働きます。

 

では作用を見ていきましょう。

 

 

肘関節

  • 肘関節の伸展

肘を伸ばす動き。

 

 

内側頭・外側頭・長頭、全ての筋肉が持つ共通の作用。

 

 

肩関節

  • 肩関節の伸展

上腕を後方に引く動き。

 

 

  • 肩関節の内転

上腕を体の方に閉じる動き。

 

 

 

以上が上腕三頭筋の作用になります。

内側頭・外側頭・長頭、全ての筋肉が肘を伸ばす際に働きます。 

単独で鍛える種目としてはケーブルプレスダウンがメジャーですね。

また、ベンチプレス・ショルダープレスなどのプレス系の種目で協働筋として働きます。

 

長頭は肩関節の動きにも関係しますので、長頭をメインで鍛えていく場合、

肩関節(上腕)のポジションを意識することが大切になります。

オーバーヘッド系の種目を行うと、肩関節は屈曲位になり長頭を強く伸張させることができます。

(長頭は肩関節を伸展させる筋肉なので、逆の屈曲をするとストレッチされる)

フレンチプレスやライイングトライセップスエクステンションなどが代表的ですね。

また、長頭は懸垂(チンニング)やロウイング系でも補助的に働きます。

いろんな鍛え方で様々な刺激を与えてみてくださいね!

 

以上で上腕三頭筋の解剖学を終わりにします!

 

では次回もお楽しみに~!

Stylish Aging Private Gym

TEL / 027-393-6953

営業時間 9:30~23:00 / 定休日 不定休

お問い合わせ