TEL 027-393-6953

〒370-0803 群馬県高崎市大橋町29-1
ダイアパレス北高崎ステーションサイドB1-E

お問い合わせ

instagram

大殿筋の解剖学① ~起始停止~

皆さんこんにちは!

 

上半身のメジャーな筋肉の解説が一通り終わったので

本日から下半身をやっていきます!

 

まずはお尻の筋肉、大殿筋の解剖学からやっていこうと思います!

(中殿筋・小殿筋・深層外旋六筋などは今回は省略します。)

 

お尻といえば女性が一番鍛えたい部位ですよね。

お尻が筋肥大すればヒップアップはもちろん、クビレが強調できたり

より女性らしいシルエットになるのではないでしょうか!

 

男性でもお尻をしっかり鍛えているとより逞しくなりかっこいいですよね。

 

お尻の筋肉は見た目だけでなく、

健康面から考えても絶対に鍛えておくべき部位だと思っています。

骨盤を安定させたり、間接的ですが腰痛を予防できたり、

歩行や走るなどの動作にもとても大事な働きをします。

 

では起始停止の解説に入っていきましょう。

 

  • 大殿筋

起始 「腸骨稜」「上後腸骨棘」「仙骨尾骨」

停止 「大腿骨の殿筋粗面」「腸脛靭帯」

骨盤から太ももに付着します。

 

少し難しいので

大殿筋の画像を色んな角度から見てみましょう。

右の大殿筋の真後ろから

 

右の大殿筋の斜めから

 

右の大殿筋の真横から

 

このようにして大殿筋は付着しています。

そして大殿筋はちょうど真ん中半分くらいで、

上部・下部と二つに分かれます。

共通の作用ももちろんあるのですが

違う作用も持っているので次回の作用編で見ていきましょう。

 

では次回もお楽しみに~!

Stylish Aging Private Gym

TEL / 027-393-6953

営業時間 9:30~23:00 / 定休日 不定休

お問い合わせ