TEL 027-393-6953

〒370-0803 群馬県高崎市大橋町29-1
ダイアパレス北高崎ステーションサイドB1-E

お問い合わせ

instagram

大腿四頭筋の解剖学① ~起始停止~

  • HOME
  • ブログ
  • 大腿四頭筋の解剖学① ~起始停止~

皆さんこんにちは!

 

本日は太ももの前側の筋肉、

「大腿四頭筋」の解剖学について書いていきます。

 

大腿四頭筋は名前の通り、四つの筋肉で構成されます。

  • 大腿直筋
  • 内側広筋
  • 外側広筋
  • 中間広筋

これらの筋肉の起始停止を見ていきます。

 

まずは全体図を見てきましょう。

この画像では三つしか見えませんが、

中間広筋という筋肉は深層に存在します。

 

次は一つずつ見ていきます。

※青い部分が該当の筋肉です。

 

  • 大腿直筋

起始 「下前腸骨棘」「寛骨臼の上縁」

停止 「脛骨粗面」

骨盤からすねの骨に付着。

 

  • 内側広筋

起始 「大腿骨粗線の内側唇」

停止 「脛骨粗面」

大腿骨からすねの骨に付着。

 

  • 外側広筋

起始 「大腿骨粗線の外側唇」

停止 「脛骨粗面」

大腿骨からすねの骨に付着。

 

  • 中間広筋

起始 「大腿骨前面の近位部」

停止 「脛骨粗面」

大腿骨からすねの骨に付着。

中間広筋は深層にあり、表面からは見えないので

他の筋肉を消しています。

 

 

以上が大腿四頭筋の起始停止になります。

骨盤・大腿骨から起始し、膝のお皿や靱帯を通り、すねの骨の上の方に停止しています。

四つある筋肉のうち、大腿直筋だけは起始部が骨盤にあり二関節筋となります。

(股関節と膝関節の二つの関節をまたぐ)

ということはこの筋肉だけ作用が少し変わってきますね。

 

では次回は、大腿四頭筋の作用について書いていきます。

 

お楽しみに~!

Stylish Aging Private Gym

TEL / 027-393-6953

営業時間 9:30~23:00 / 定休日 不定休

お問い合わせ